AppleWatch

AppleWatchが充電中に時計が表示されるのをオフにする設定!

iPhoneをポケットに入れていると
通知を逃す事もしばしば。

アップルウォッチなら振動して教えてくれるのでその心配もないですよね。

初代はバッテリーが少ない事が問題視されていました。僕が使っているのはSeries3ですがバッテリーは十分ですね。

1日半〜、良くて2日持つこともあります。充電も早いのも嬉しいですよね。

自宅に帰ったら外してデスク上の充電しながら作業をしているんですがここで気になることが。充電中のアップルウォッチの画面が点灯して時計が表示されるんですよね。

作業中に視界に入ってくるのは結構気になります。

 

スポンサードリンク

なぜ時計が表示される?

パソコンデスクの上で充電しているのですが度々アップルウォッチが点灯して時計が表示されてしまいます。度々視界に入って集中力が切れちゃうんですよね^^;

特に僕は時々作業中は部屋を暗くすることもあるのでなおさらなんですよね。

どうやらこれはアップルウォッチのナイトスタンドモードというもので充電中は置き時計としても使えるよというアップルウォッチの初期設定のようです。

充電中にアップルウォッチの画面をタップするか振動が加わると画面が点灯し時計が表示されます。

時計が表示されるのはナイトスタンドモードがオンになっている状態でキーボードで文字を打つ時とマグカップをデスクに置く時の振動が原因だったようです^^;

 

ナイトスタンドモードをオフにするには?

それではナイトスタンドモードが原因だとわかったところで早速オフにする設定をしちゃいましょう。時計はパソコンの画面に表示されているので間に合っていますからw

設定はすべてアップルウォッチ側で行います。

 

まずは設定へと飛びましょう

 

【一般】【ナイトスタンドモード】

 

【オフ】にすればOKです。設定はこれだけ、超シンプルです。

 

これで充電中にアップルウォッチの画面をタップしたり振動が伝わっても時計が表示されることはありません。

これで充電中にアップルウォッチの時計が点灯表示されることはなくなりました。作業に集中できそうです。

 

スポンサードリンク

最後に

どのガジェットにも言えることなんですがこの昨日は邪魔だな〜と思うことがいくつかは必ず出てきますよね。僕の場合はナイトスタンドモードは邪魔でしたw

アップルウォッチの充電ポートの近くで作業などされている人で同じように思った人は是非試してみてくださいね。

スポンサードリンク